団体検索
  • HOME
  • インタビュー
  • ちばNPO情報館に新しく加わった団体「一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会」を紹介します。
インタビュー

ちばNPO情報館に新しく加わった団体「一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会」を紹介します。

巣立つ子どもたちのはじめのいっぽを手助け

児童養護施設「一宮学園」を巣立ったあとの子どもたちが、自立をする時のはじめのいっぽの手助けができるような活動をしていきたいと立ち上げた団体です。(学園では幼児から高校生までの約150名の子供たちが寮で生活し、近くの学校に通います。)
児童養護施設で生活する子どもたちは18歳に達すると原則として施設を退所して自立しなければなりません。自立の際の公的な支度金は十分とはいえず家族からのサポートも期待できない彼等彼女等にとっていきなり放り出される社会はきわめて過酷なものです。
まだ未成年の子どもたちがいきなり社会に出て時として過酷な労働に耐え人間関係の葛藤を乗り越え、生活上の様々な問題に対処しながら、自立していけるよう、金銭的、物的、精神的支援を、寄り添いながら行っています。

団体からの支援のお願い

子どもたちの自立を支援するために必要としている資源は「お金」「物」そして「人」です。
メンバーは全員ボランティアで活動しています。活動に直接携わっていない私たちにもできる支援の形があります。団体の活動に賛同していただける皆様のご支援をお願いいたします。
新しい年をまた無事迎えられたことを感謝して、Happyをより多くの人と分ちあいたいものですね。

●お金の支援
 郵便局(ゆうちょ銀行)への振り込みをお願いします。
 口座番号:00170-8-663629
 名義人 :一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会

    注1.お手持ちのゆうちょ銀行の通帳を用いて払い込みいただくと
手数料がかかりません。
        また複数回ご支援いただく場合の手続きが簡単になります。
    注2.他の金融機関からの振り込み用口座は 
(ゆうちょ銀行 店019 当座0663629)です。
 使い道例: 貸付、イベント映画会開催、予防教育開催、成人式支援など

●物の支援
 米やレトルトなど日持ちのする食品、未使用のタオルセットやバスマット、電気製品、自動車、住居などの提供をお願いします。

 注1.物による支援は提供していただける品物と必要なもののミスマッチがあったり、
保管場所が無かったりする場合がありますのでおそれいりますが事前にご連絡をいただくようお願いします。
        メールはこちらへ→ hajimeno.1.2.3po@gmail.com
          
●人の支援
振袖の着付け、ヘアセットといった技術を持った方
振袖一式をお貸しくださる方


◆詳しくは、「一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会」
  〒299-4301
  千葉県長生郡一宮町一宮389番地 一宮学園内 
   電話 080-6535-0977 

一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会
http://hajimenoippo.o.oo7.jp