団体検索
団体一覧

団体一覧

千葉の公益ポータルサイト『ちばNPO情報館』に登録している団体一覧です。
掲載している団体は、自発的に団体情報を公開し、それぞれ地域課題の解決に向けて、
真摯に活動を継続している団体です。
 『ちばNPO情報館』についてはこちらをご覧ください。
http://fields.canpan.info/partner/organization/chibanowa/

特定非営利活動法人 地域創造ネットワークちば

特定非営利活動法人 地域創造ネットワークちば

  • 障がい者
  • 環境
  • 市民活動支援
  • 高齢者
  • まちづくり

千葉県内のNPO・生協・福祉団体・労働団体・農業団体など、多様な非営利・協同セクターが核になって立ち上げ、団塊世代・高齢者の地域活動参加や就業を支援するために、相談・広報活動・研修などの事業を実施しています。社会的知識や経験の豊富な団塊世代が大量に地域社会に戻ってくる、いわゆる「2007年問題」を地域における最大のチャンスと捉え、一人ひとりが地域社会の中で能力を発揮できるような環境づくりを行っています。
現在は特に、千葉県が抱える課題である農地を守る活動を広げるために、「農」に関わる様々な主体と連携し、「ちばユニバーサル農業ネットワーク」を推進しています。地域の遊休農地の保全、就農支援、援農支援等、農業の分野でも団塊シニア世代の持つ力に期待が高まっています。

特定非営利活動法人 NPO法人ちば子ども学研究会

特定非営利活動法人 NPO法人ちば子ども学研究会

  • 外国人
  • 子ども
  • まちづくり

2003年より任意団体として、地域全体で子育てを考える活動してきて、2011年3月にNPO法人となりました。

モットーは「大人が笑えば子どもも笑う」。子どもと一緒に楽しむことのできる大人を増やす事業とともに異年齢で交流し笑顔で過ごせる場を作る事業を中心に行っています。

会員は子育て中の保護者や子育て経験者の他、大学生も多く参加しています。

特定非営利活動法人 特定非営利活動法人ウィズ柏

特定非営利活動法人 特定非営利活動法人ウィズ柏

  • 文化・スポーツ・健康
  • 人権
  • 子ども
  • 障がい者
  • まちづくり

高機能自閉症 アスペルガー症候群など発達障害を持つ成人を対象にした支援団体は、まだまだ全国的に希少であります。

現状はすでに成人した彼らはニート 引きこもりなどと呼ばれる中に含まれたり、医療機関へ二次障害で通院して原因が自己にあるとして長く苦しんだりしています。診断できる医療機関がわずかであり、障害が絡み合って苦しんでいる人もいます。病気と勘違いしていたり、前進支援の手段がまだまだ模索している現状です。

当法人は、提携医療機関をもち、深く理解する医師と連携しています。

2011年4月より地域活動支援センターとなり、事業所の中に明るいカウンセリング室を設置しました。日々のヒアリングと居場所活動が同時にできるようになりました。

認定特定非営利活動法人 発達わんぱく会

認定特定非営利活動法人 発達わんぱく会

  • 障がい者
  • まちづくり
  • 子ども

私たちは日本全国の発達障害のある子どもに、幸せになってほしいと思っています。自分で自分の幸せを決める事ができ、その幸せを実現して自分らしく生きてほしいと思います。「日本の発達障がい児者を幸せにする」という使命に共感できる人が集まって、活動を進めます。
私たちの理念は、『発達障害のある子どもが、コミュニケーションの力を身につけ、長所を伸ばし、地域のなかで自分らしく生きていけるよう、家族、地域、行政のみんなで支援する』ことです。発達障害のある子どもにとって、地域の中で自分らしく生きていくことが、幸せに生きるための大切な要素だと考えます。その実現のためには、苦手であるコミュニケーションの力を身につけて社会性を高めることと、自分の得意なところを見つけてその長所を伸ばして自尊感情を育むことが重要です。
しかし、子どもの努力だけでは問題解決にはならず、家族、親せき、友達、学校や近所などの地域の人たちの発達障害の子どもに対する正しい理解と温かい支援が必要不可欠です。さらには行政のきめ細やかな対応と一貫性のある支援がなされることで初めて、発達障害のある子どもの幸せを実現する事ができます。
私たちのNPO法人の名称は、『NPO法人発達わんぱく会』です。
「発達」ということばには、「発達障害」のある子どもを支援するという意味と、「その子のもっている、今一番成長できる能力」を伸ばしてあげたいという思いの、二つの意味を掛けました。
「わんぱく」ということばには、一つは子どもに対する思い、もう一つはおとなの子どもへの接し方に対する思いの二つの意味があります。子どもには自分の好奇心を大切にして元気いっぱい遊んだり学んだりする中で、自分の好きなことや得意なところを見つけてそこを伸ばしていってほしいと思っています。おとなには子どもに安全で適切な環境を用意して、子どもが自分の力で成長するのを温かく見守ってあげてほしいと思っています。
「会」ということばには、同じ志を持つ多くの人が集まり、使命や理念を一緒に実現してほしいという思いがあります。
つまり、「発達わんぱく会」というNPO法人の名称は、「発達障害のある子どもが好奇心いっぱいに遊んだり学んだりすることで、今一番成長できる能力を伸ばしていけるように、家族・地域・行政がみんなで支援する」という思いから名づけました。
私たちのNPO法人は、早期発見事業、早期教育事業、地域社会の理解促進事業を中心に活動を行い、6.3%の全ての発達障害のある子どもが、適切な教育を受けられる環境を整備し、同時に日本の社会において、発達障害が正しく理解され、発達障害のある子ども一人ひとりが尊重される社会を目指します。

社会福祉法人 しいの木会

社会福祉法人 しいの木会

  • 障がい者
  • まちづくり

就労継続B型(定員30名)生活介護(定員7名)の作業所シーモックと共同生活介護(定員5名)の運営を行っています。様々な障害を持った人が協力しあいながら作業を進めています。作業はお菓子作りなどの簡単、衛生的な仕事を行ってい、絵画教室などの活動も行っています。また、自宅までの送迎を行っています。

特定非営利活動法人 地球市民交流基金EARTHIAN

特定非営利活動法人 地球市民交流基金EARTHIAN

  • 外国人

この地球に住む、すべての人々が人間として尊重され、自立し、よい環境の中で平和に暮らしていけることを願って、活動しています。この願いを少しでも実現するため、主にアジアの人々との交流、支援をすすめています。

任意団体 ちば元気づくり友の会

任意団体 ちば元気づくり友の会

  • 文化・スポーツ・健康
  • 高齢者
  • まちづくり

高齢者が人口の25%を占めるようになる状況においては、社会の元気力は高齢者の元気力にかかっています。元気高齢者が今だからできる介護予防のためのこころと、からだと、あたまの元気づくりに取り組み、自助努力による自立した活き活き安心生活を目指し、健康長寿のハッピーシニアライフを実現することによって、楽しく、笑って、感動し、元気シニアが支える安心で安全なコミュニティづくりに貢献しようとするものです。自由に参加、参加費原則無料の開かれた組織がモットー。

任意団体 藤心パソコン倶楽部

任意団体 藤心パソコン倶楽部

  • 人権
  • 文化・スポーツ・健康
  • 市民活動支援
  • 高齢者
  • まちづくり
  • 子ども

柏市の公共施設で開催されるパソコン講座に関する活動(事業)を通じて、IT知識の一般市民への普及を目的とし、以下の各事業を実施することで、IT普及活動を促進する活動をしています。

特定非営利活動法人 特定非営利活動法人 子ども劇場千葉県センター

特定非営利活動法人 特定非営利活動法人 子ども劇場千葉県センター

  • 市民活動支援
  • 人権
  • 文化・スポーツ・健康
  • まちづくり
  • 子ども

特定非営利活動法人子ども劇場千葉県センターでは、県内や全国の子どもと文化にかかわる諸団体や行政、及び様々な人とともに、子どもたちの感性を感じとり、 子どもの社会的価値を発見する機会を創ると同時に、子どもたちの自らがそのことを自覚していけるような場や機会を創ります。また、子どもたちに声を聴き、 その声を社会に届けながら「子どもと大人の共同参画」をめざして活動をすすめます。舞台芸術・文化・体験活動の普及推進事業、「チャイルドライン千葉」子ども電話の開設・実施、親や家庭を支える子育て支援事業「子どもの生活リズム向上のための調査・研究事業」「ママパパラインちば」の開設・実施、情報発信事業「ぐるっと房総」作成を行っています。

特定非営利活動法人 日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会

特定非営利活動法人 日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会

  • 文化・スポーツ・健康
  • 子ども
  • 高齢者
  • 障がい者
  • まちづくり
  • 市民活動支援

私たちの団体の理事長および副理事長は難聴や音響技術に精通しています。顧問や技術協力会社にも 医学博士や音響工学を専門としており「聴こえに関するスペシャリスト」が参加しています。このスタッフにより「あなたの耳年齢チェック」「聴こえと難聴の理解を深めるセミナー」「コミュニケーションサポートシステムの寄贈」を実施いたします。

119件中21~30件を表示