団体検索
団体一覧

団体一覧

千葉の公益ポータルサイト『ちばNPO情報館』に登録している団体一覧です。
掲載している団体は、自発的に団体情報を公開し、それぞれ地域課題の解決に向けて、
真摯に活動を継続している団体です。
 『ちばNPO情報館』についてはこちらをご覧ください。
http://fields.canpan.info/partner/organization/chibanowa/

特定非営利活動法人 せっけんの街

特定非営利活動法人 せっけんの街

  • 外国人
  • 環境
  • まちづくり
  • 子ども

廃食油を回収してせっけんを作る市民団体です。1984年に手賀沼せっけん工場を市民1万人以上の共同出資で建設し、94年には印旛沼せっけん情報センターを開設しました。廃食油回収も県内17市町村で会員自らによって家庭を回って回収してせっけんの利用を呼びかけています。市民自身により回収運動としては全国有数の規模と歴史を持っています。

県内の学校や企業などでのせっけんを通じた環境学習も行って来ました。環境紙芝居やせっけん作り実演など多彩な学習で環境意識の浸透に努めています。

せっけんのネットワークとしてリサイクルせっけん協会の関東事務局を担っていて廃食油リサイクルせっけんの普及を図っています。

特定非営利活動法人 NPO法人お産子育て向上委員会

特定非営利活動法人 NPO法人お産子育て向上委員会

  • 人権
  • 文化・スポーツ・健康
  • 子ども

出産育児環境の整備や支援のあり方は、行政や医療、保育関連の専門家にただ任せておけばいいというわけではありません。私たちは、当事者である市民が、もっと積極的に関わってこそ、本当に出産育児しやすい環境が作られていくに違いないと考えており、専門家の方の意見を聞きつつ、市民の立場からの意見や情報を発信しています。

私たちは、お産にこだわり、市民団体として、産む側主体のお産ができる環境の実現を目指して活動しています。

特定非営利活動法人 船橋ウォーキング・ソサイエティ

特定非営利活動法人 船橋ウォーキング・ソサイエティ

  • 文化・スポーツ・健康
  • まちづくり
  • 高齢者

ウォーキングを通じてみんなHAPPY!になろう。地域住民に対して正しいウォーキングの普及事業を通じて、各種疾病(メタボ・ロコモ・ストレス等)の予防改善を図るとともに、交流の場を提供し、生活の質的向上を目指します。

特定非営利活動法人 特定非営利活動法人 ならしの子ども劇場

特定非営利活動法人 特定非営利活動法人 ならしの子ども劇場

  • 人権
  • 文化・スポーツ・健康
  • 子ども
  • まちづくり

「育てあい 育ちあい 文化と遊びを創造する広場」をキーワードとして、ワクワクどきどきする感動や、さまざまな人々との出会いから、子どもも大人も共に育ちあう豊かな地域社会をめざして活動しています。

子どもも大人も仲間と一緒に活動していく中で、楽しさ、面白さが無限大に広がります。

公益財団法人 ちばのWA地域づくり基金

公益財団法人 ちばのWA地域づくり基金

  • 市民活動支援
  • まちづくり

ちばのWA地域づくり基金は、市民による参加・協働型の地域づくりを発展させていくために、多くの皆さまのご寄付により設立した市民立の財団法人です。市民による地域づくりを市民が支えるため、地域社会からの意思ある寄付・資源提供を公益性・信頼性の高い地域づくり団体へ助成し、その活動を支援します。
また地域社会の顕在化した課題、または潜在する問題を解決するための様々な主体による連携の創出と活動の発展を支援します。
同時に、地域づくり団体の情報公開の仕組みを取り入れ、寄付から成果までのプロセスを可視化し、地域社会と地域活動の担い手たちのより良き関係を築く役割を果たしたいと考えています。特に、千葉のニーズに即したテーマ「地域における課題解決」と「地域からの魅力発信」という2つの軸のもと、プログラムを展開していきます。

特定非営利活動法人 発達わんぱく会

特定非営利活動法人 発達わんぱく会

  • 障がい者
  • まちづくり
  • 子ども

私たちは日本全国の発達障害のある子どもに、幸せになってほしいと思っています。自分で自分の幸せを決める事ができ、その幸せを実現して自分らしく生きてほしいと思います。「日本の発達障がい児者を幸せにする」という使命に共感できる人が集まって、活動を進めます。
私たちの理念は、『発達障害のある子どもが、コミュニケーションの力を身につけ、長所を伸ばし、地域のなかで自分らしく生きていけるよう、家族、地域、行政のみんなで支援する』ことです。発達障害のある子どもにとって、地域の中で自分らしく生きていくことが、幸せに生きるための大切な要素だと考えます。その実現のためには、苦手であるコミュニケーションの力を身につけて社会性を高めることと、自分の得意なところを見つけてその長所を伸ばして自尊感情を育むことが重要です。
しかし、子どもの努力だけでは問題解決にはならず、家族、親せき、友達、学校や近所などの地域の人たちの発達障害の子どもに対する正しい理解と温かい支援が必要不可欠です。さらには行政のきめ細やかな対応と一貫性のある支援がなされることで初めて、発達障害のある子どもの幸せを実現する事ができます。
私たちのNPO法人の名称は、『NPO法人発達わんぱく会』です。
「発達」ということばには、「発達障害」のある子どもを支援するという意味と、「その子のもっている、今一番成長できる能力」を伸ばしてあげたいという思いの、二つの意味を掛けました。
「わんぱく」ということばには、一つは子どもに対する思い、もう一つはおとなの子どもへの接し方に対する思いの二つの意味があります。子どもには自分の好奇心を大切にして元気いっぱい遊んだり学んだりする中で、自分の好きなことや得意なところを見つけてそこを伸ばしていってほしいと思っています。おとなには子どもに安全で適切な環境を用意して、子どもが自分の力で成長するのを温かく見守ってあげてほしいと思っています。
「会」ということばには、同じ志を持つ多くの人が集まり、使命や理念を一緒に実現してほしいという思いがあります。
つまり、「発達わんぱく会」というNPO法人の名称は、「発達障害のある子どもが好奇心いっぱいに遊んだり学んだりすることで、今一番成長できる能力を伸ばしていけるように、家族・地域・行政がみんなで支援する」という思いから名づけました。
私たちのNPO法人は、早期発見事業、早期教育事業、地域社会の理解促進事業を中心に活動を行い、6.3%の全ての発達障害のある子どもが、適切な教育を受けられる環境を整備し、同時に日本の社会において、発達障害が正しく理解され、発達障害のある子ども一人ひとりが尊重される社会を目指します。

特定非営利活動法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)

特定非営利活動法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)

  • 市民活動支援
  • 文化・スポーツ・健康
  • まちづくり

今日においては、当事者である市民自らが解決に向けて活動事業を実施していくことを社会に提案し、つくりだしています。しかし、一つひとつの団体が自立的な活動を持続発展し、地域の課題を解決していくためには大きな力が必要です。団体の活動や事業を広げるため、力をつけるために、学びあい・ネットワークを広げるための「場」「機能」がNPOクラブです。

相談事業、講座事業、情報発信と情報交換の場づくり、地域づくりのためのコーディネート事業、NPOと行政や企業といった他のセクター・組織との連携をすすめる活動・事業など、地域で公益的な活動をしている様々な団体のサポート・支援を行い、市民力の向上、成熟した市民社会の実現を目指しています。

また公益ポータルサイト「ちばNPO情報館」の運営を通して、地域資源(資金、物品、人材、情報、ネットワーク)の循環をつくり出し、多くの市民、企業、行政の関わりを促し拡充することを目指しています。

特定非営利活動法人 こどもユニットWakaba

特定非営利活動法人 こどもユニットWakaba

  • 子ども

子育て支援“はっぱのおうち”では乳幼児の親子によりそい、体験活動で小学生や幼児親子の体験をサポートしています。

任意団体 ちば元気づくり友の会

任意団体 ちば元気づくり友の会

  • 文化・スポーツ・健康
  • 高齢者
  • まちづくり

高齢者が人口の25%を占めるようになる状況においては、社会の元気力は高齢者の元気力にかかっています。元気高齢者が今だからできる介護予防のためのこころと、からだと、あたまの元気づくりに取り組み、自助努力による自立した活き活き安心生活を目指し、健康長寿のハッピーシニアライフを実現することによって、楽しく、笑って、感動し、元気シニアが支える安心で安全なコミュニティづくりに貢献しようとするものです。自由に参加、参加費原則無料の開かれた組織がモットー。

特定非営利活動法人 地球市民交流基金EARTHIAN

特定非営利活動法人 地球市民交流基金EARTHIAN

  • 外国人

この地球に住む、すべての人々が人間として尊重され、自立し、よい環境の中で平和に暮らしていけることを願って、活動しています。この願いを少しでも実現するため、主にアジアの人々との交流、支援をすすめています。

119件中11~20件を表示