団体検索
  • HOME
  • 課題一覧
  • 市民活動におけるSDGsとは?~「SDGs=2030年までに実現させる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」
環境

市民活動におけるSDGsとは?~「SDGs=2030年までに実現させる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」

なぜ、今SDGsなのか?SDGsが取り組む世界・日本の激変とは

世界では・・・
アジアでは高齢化が課題である一方、サハラ以南のアフリカでは人口増が依然続いている人口問題、世界全体で格差や貧困が拡大し、経済格差だけでなく、政治的、社会的疎外が拡大している格差と貧困問題、地球が現状維持できる生産量の1.5倍を消費している大量生産・大量消費の現状から、できるだけ早く「地球1個分」の生産・消費パターンに戻る必要があります。2100年には世界で4度気温上昇すると予測されるなか、CO2を減らす緩和策に加え、温暖化の影響を軽減する適応策も必要となっています。1970年代からほぼ予測どおりの経緯をたどった「成長の限界」グラフは、2030年頃に急下降すると予測されています。

また、日本では・・・
「持続不能」に直面する集落と公的福祉制度の問題や、OECD諸国中、相対貧困率が4位であり、非正規雇用者が疎外されているなどの貧困と格差の問題、食料消費の2割以上が毎年廃棄されることに象徴される大量生産・大量消費の問題、過去5年の年間災害死者数平均が188人と先進国では最大の部類に入っていることなど気候変動への対処も必要となっています。
私たちは次世代に地球を引き継げるのでしょうか。

グローバルな企業が増え、国家に税金が入らず、国単位では財政的にも危機的な状況のなか、全世界で取り組む必要性があります。

我々の世界を変革する!持続可能な開発のために2030年までに実現する行動計画とは?

私たちの社会、そして世界が持続するためには、なりゆき任せ、行動をともなわない目標を立てるだけでは立ち行かないという危機感から設定されたSDGsとは、どのようなものなのでしょう。その概要を挙げます。

・貧困のない、持続可能な世界を次世代に受け継いでいくことを目指した世界規模の目標を設定(世界193か国すべての国が国連総会で採択するというのは、大変珍しく貴重なこと)
・2015年までのミレニアム開発目標(MDGs)の流れを継承し、開発と環境の課題が統合された新目標
・17の目標と169のターゲット→ それぞれ指標を開発し、成果をはかる。
・各国政府が国家戦略に反映、運用することを想定、民間セクターの役割、責任に言及。
・内容の中心は持続可能な開発目標(SDGs)

SDGs実現のための具体的な行動計画まで設定。その特徴とは?


・重要な要素「5つの”P ”」
(People人間、 Prosperity豊かさ, Peace平和, Partnershipパートナーシップ, Planet地球)
・普遍性…先進国も含めたすべての国に適用可能
・包摂性…「誰一人取り残さない」で、尊厳ある生活を保障することを目指す
・統合性…経済、社会、環境の不可分な3つの側面に統合的に対応し、課題間のつながりを重視
・多様性…様々な国別の状況によってその優先順位を考慮

現在の取り組み状況は?そして、市民活動団体にとっての取り組み方はどのように。

政府セクターでは、2016年にSDGs推進本部を設置、SDGs実施指針を確定し、推進をはかっています。民間企業では、これまでのCSRからの流れに加え、投資家が※ESG投資に注目していることから、SDGsへの取り組みが世界では加速化しています。
NPO、NGOなど市民活動団体では、SDGsを共通の認識として、行政や民間企業と協働で取り組みやすい領域となっていくことでしょう。

また、SDGsを学ぶことで、市民活動団体が取り組む課題や活動が、他の社会課題や世界の課題とつながっているという実感がもてたり、SDGsの理解の深まりによって課題間の関わりが透けて見え、社会の全体像をつかもうとする際の参考になるのではないかと考えられます。広い視点や気づきが得られ、活動に新しさを加味できたり、違う分野の活動の仲間を増やす機会ともなると考えられます。活動を前年からの積み上げで考えるのではなく、2030年時の目標を設定し、そこから遡って今から何をしていくべきかを考える際のきっかけに、SDGsを導入することは有効だと思われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ESG投資…環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の3つの観点が、企業の長期的な成長のためには必要だという考え方から、投資の意思決定において考慮に入れる手法

詳しくは以下をご覧ください。■SDGs講演会の報告記事(ちばからチャンネル 2018.7.8記事)
http://chibatopi.jp/Id6a5ca9

■SDGs講演会の報告紙面(NPOクラブニュースレター 2018年7月発行)
http://npoclub.com/static/pdf/newsletter63.pdf

参考資料
テキスト 『基本解説 そうだったのかSDGs ー「我々 の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェ ンダ」から、日本の実施指針までー』 編集・発行 一般 社団法人SDGs市民社会ネットワーク