団体検索
  • HOME
  • 課題一覧
  • 「言いたいことを我慢している」子どもが80%
子ども

「言いたいことを我慢している」子どもが80%

千葉県の18歳までの子どもの人口は1,061,060人(「平成22年度千葉県調査」) 。

2008年千葉県次世代育成支援行動計画推進作業部会「子どもの権利・参画のための研究会」の子どもの実態・意識調査によれば、80%の子どもが「言いたいことを我慢している」言いたいことを我慢することがよくある子どもは自分のことが好きではなくなり、大切にされていると感じることが少なくなる傾向があります。半数以上がいじめにあっていると答え、自分が大切にされている意識が低下し自分のことが好きでないと、自尊感情が、年齢が上がるに従い持ちにくくなっています。